rubyに貢献してみる(ことを目指す)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイトルの通りワナビー脱却を宣言してみます。 rubyの実装になんとなく興味があるのでrubyに貢献することを目指します。


ウデマエ githubの使い方がなんとなく分かって、ruby-buildのコメントをちょっといじれたレベル。 [ https://github.com/rbenv/ruby-build/commit/9bc99717725de2935ebdca2c62cd9572ad65fbb6:embed:cite ]

でもこれで貢献というのはちょっとしょぼすぎる。。


rubyへの貢献にむけて準備した 1. ML まずML [https://www.ruby-lang.org/ja/community/mailing-lists/]に登録しました。 10種類程度ありますが、一応jrubyは覗いて、rubyとmruby系の物すべてに登録しました。 注意すべきは、とにかくメールがたくさん流れるので、メーラでの振り分け設定は必須です。

  1. IRC 次に、IRC [https://www.ruby-lang.org/ja/community/]にも入ってみました。 ただ、こちらはどうやらrubyを使う人が質問を投げかける場のようです。 rubyへの(実装での)貢献を目指す人には無用に見えます。(IRCで投げかけるのもよいとは思われますが)

  2. Issue tracker rubyのIssue trackerは、redmineで運営されているようです。 redmineはrubyで作られたrailsで作られているというのに加え、 rubyはsvnでバージョン管理されていて、svnとの連携もしやすいredmineを選択されているのは妥当ですね。 [https://bugs.ruby-lang.org/:title]

とりあえず登録をし、見てみた感じプロジェクトは4つです。

  • Backport21
  • Backport22
  • CommonRuby
  • Ruby trunk

Ruby trunkだけ見ればよさそうかな?それでも2016/12/10現在でOpenのticketは大量にあって、

  • Bug: 1040
  • Feature: 871
  • Misc: 62

と大量!@@;

さすがruby。歴史を感じました。つまりこれらの動向をすべて抑えるというのは100%無理ですね。。 ただ、私の目下の目標としては、これらのticketのどれか1つをcloseまでもっていけばOKということなので、気楽に行きたいと思います。

私がredmineを業務で使っているというのもありますが、 rubyのredmineに特別なpluginも入ってなさそうだし、使用感は問題なさそうに感じました。

  1. github redmineのほかに、やはりイマドキのOSS開発といえばgithubも使われているようです。

[https://github.com/ruby/ruby:title]

Issue機能は(redmineに一本化するために)閉じられているようですが、ソースコードのミラーリングと、 Pull request機能は使われています。githubに慣れている人はコチラといった感じみたいです。

githubへのホスティングは、OSSとしてのrubyの門戸を広げるためだとは思いますが、逆に言うとこっちも見ないといけない気になります。 しかし、数日githubをwatchしてみましたが、そこまで使われていないっぽいです。 このあたりは、オピニオンリーダーmatzがgithub社へのロックインを嫌っているからでしょうか? なんにせよ必ずしも見る必要がある訳ではなさそうです。


rubyをビルドしてみる さて、rubyをビルドしてみます。 リポジトリガイド [https://www.ruby-lang.org/ja/documentation/repository-guide/] を見た感じ、前述してしまいましたが、 svnとgitの選択肢があることがわかります。ここで、svnを選択してみます。 ここにビルド方法も書いてほしいですが、書いてない;。rubyはこのあたりが初心者殺しだと思う。。 ですがgithubのREADME.mdには親切に書いてあったので、その通り勧めました。

build環境は Bash on Ubuntu on Windows を使っていきます。(多分少数派だと思う。。) これに必要なパッケージをいれます。svnを使うならsubsversion。あとはautoconfです。 他の依存パッケージはruby-buildを入れるときに入れてたっぽいです。

apt-get install subversion autoconf

次に、rubyのビルドのためにrubyが必要なので、rbenv [https://github.com/rbenv/rbenv]とruby-build [https://github.com/rbenv/ruby-build]を使ってruby 2.3.3p222をinstallしました。

ビルド いよいよビルドですが、githubのREADME通りに勧めてもよいと思いますが、ソースコードの取得には一応svnを使いました。

$ svn co http://svn.ruby-lang.org/repos/ruby/trunk ruby $ cd ruby $ svn info パス: . Working Copy Root Path: /mnt/d/ruby URL: http://svn.ruby-lang.org/repos/ruby/trunk Relative URL: ^/trunk リポジトリのルート: http://svn.ruby-lang.org/repos/ruby リポジトリ UUID: b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e リビジョン: 57033 ノード種別: ディレクトリ 準備中の処理: 特になし 最終変更者: nobu 最終変更リビジョン: 57033 最終変更日時: 2016-12-09 12:25:20 +0900 (2016年12月09日 (金)) $ autoconf $ ./configure $ make

ですが・・・

(snip)

compiling bigdecimal.c bigdecimal.c:119:1: error: static declaration of ‘rb_rational_den’ follows non-static declaration rb_rational_den(VALUE rat) ^ In file included from ../.././include/ruby/ruby.h:1997:0, from bigdecimal.h:12, from bigdecimal.c:13: ../.././include/ruby/intern.h:172:7: note: previous declaration of ‘rb_rational_den’ was here VALUE rb_rational_den(VALUE rat); ^ bigdecimal.c: In function ‘rb_rational_den’: bigdecimal.c:124:5: error: too few arguments to function ‘rb_funcall’ return rb_funcall(rat, rb_intern(“denominator”)); ^ In file included from bigdecimal.h:12:0, from bigdecimal.c:13: ../.././include/ruby/ruby.h:1756:7: note: declared here VALUE rb_funcall(VALUE, ID, int, …); ^ bigdecimal.c:126:1: warning: control reaches end of non-void function [-Wreturn-type] } ^ bigdecimal.c: At top level: cc1: warning: unrecognized command line option “-Wno-self-assign” [enabled by default] cc1: warning: unrecognized command line option “-Wno-constant-logical-operand” [enabled by default] cc1: warning: unrecognized command line option “-Wno-parentheses-equality” [enabled by default] cc1: warning: unrecognized command line option “-Wno-tautological-compare” [enabled by default] make[2]: *** [bigdecimal.o] エラー 1 make[2]: ディレクトリ /mnt/d/ruby/ext/bigdecimal' から出ます make[1]: *** [ext/bigdecimal/all] エラー 2 make[1]: ディレクトリ/mnt/d/ruby’ から出ます make: *** [build-ext] エラー 2

   ∧∧   (  ・ω・)   _| ⊃/(___ / └-(____/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  <⌒/ヽ-、_ /<_/____/

逆に考えろ、早速貢献のチャンスだ;


まとめ 今後ぼちぼちbugとrubyのソースコードを眺めていきたいと思います。