twitterにRubyでHello World! Windowsで!(3/3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こにちは。 さて最後、③hello_world.rbを書く です。

gemでtwitterをinstallします。いやーRubyは大変楽チンですね。

|| gem install twitter ||< ちなみに現在のバージョンは5.8.0です。

んで下記を参考にhello_world.rbを書きます。 [http://rdoc.info/gems/twitter:title]

||

!/usr/bin/env ruby require ‘twitter’

client = Twitter::REST::Client.new do |config| config.consumer_key = “YOUR_CONSUMER_KEY” #API key config.consumer_secret = “YOUR_CONSUMER_SECRET” #API secret config.access_token = “YOUR_ACCESS_TOKEN” #Access token config.access_token_secret = “YOUR_ACCESS_SECRET” #Access token secret end

client.update(“ハローRubyなう”) ||< なお、日本語ツイートするためには、rbファイルをUTF-8エンコードで保存する必要がありました。 SJISだとエラーがでました。。

|| ruby hello_world.rb ||< で、できたかと思います。 twitterにRubyでHello World! Windowsで!は以上となります。

windowsでほぼ初めてコード書きましたが、エディタ悩みますね。 いまのところTeraPadを使ってますが、量書くようになると辛そう。。

以下追記 そういえば途中SSL証明書まわりでエラーがでました。 これは現在のtwitter API1.1はSSL通信を必須としたらしく、該当の証明書を手動で入れないといけないようです。 [https://blog.twitter.com/2013/rest-api-ssl-certificate-updates:title]

symantec(旧verisign)のHPからRoot3のpemを任意の場所にダウンロードします。 [https://www.symantec.com/page.jsp?id=roots:title] PCA-3G5.pemのあるディレクトリを環境変数SSL_CERT_FILEにパス通して完了です。