2020年版Windowsの開発環境

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 縁あって2019年末にスウェーデンに移住してきました。よっしゃ、これからは北欧移住クソオシャイキリBlogでも書いてやるぜ!ということもなく、昨今のコロナ騒ぎで観光もできず引き籠っています(メチャクチャ寒いし)。

今回はそれとは全く関係なく、2020年のWindowsでのソフトウェア開発環境について書きます。

これまでのWindows

Q. 世のエンジニアはなぜ大体Mac使ってるんですか

A. Macで環境構築するほうが簡単だからです

私も現在、仕事では開発メンバーと環境を揃えるためにMacを利用しています。が、プライベートではWindowsを使っています。何故?当然 ゲームするため です。この理由がある以上Windowsを使い続けると思います。また値段もMacよりも安く、ハードウェアのバリエーションも豊富です。

ソフトウェア開発(社の掟に縛られてない)において、これまでWindowsユーザーは少数派でしたが、徐々にWindowsにシェアが置き換わっているように感じます。

Windows環境構築つらい話

 Windowsで開発環境を構築するのは大変です(ただし、Visual Studio等のIDEを使って、特定の言語で開発する場合は別)。新卒で入社した会社では 開発環境構築手順書.doc というドキュメントを片手に開発環境を構築していました。Windowsを利用している開発者にとって、Virtual BoxでLinuxを立ち上げてしてからがスタートラインとなっていました。複雑かつ多量のGUIでの環境構築で、十人十色の環境ができあがり、しばしばこの環境の差異が問題となっていました。(この頃からIaCに傾倒しだしました。)

 Node.jsやRubyなどでも、依存関係のインストール時によくエラーを起こしていました。node-gypがエラーになったり、一部gem(nokogiriとか)のインストールでめちゃくちゃハマったり、環境構築でハマりポイントが多いです。(この頃からWindowsは上級者OSだと思い直すようになりました。) また、ネットの記事をみても、大体がMac用の記事ばかりです。 まず brew install して、とか brewねえよ! (ノ`Д´)ノ彡┻━┻ と何度も思いました。

この章、まだまだ書けそうなんですが、要は Windows色々つらかった という話です。

Vagrantが体験を変えた

 Vagrantの登場によって、Virtual Boxの環境構築がものすごく簡単になりました。また、Vagrantfileによって冪等性が担保されるようになりました。 Vagrantは本当に素晴らしいプロダクトで、Windowsの開発環境構築の負荷が劇的に下がりました。

しかし、まだ完璧ではなく、Vagrantもruby依存によりインストールが難しかったり、稀にVMが壊れてしまうなどの難点があり、Macの体験に並んではいませんでした。

chocolateyコレジャナイ

 Windowsにもbrewのような物、chocolateyが登場しました。これによってWindowsでもある程度簡単にツールがインストールできるようになりました。

が、これはあくまでbrewのような物。俺たちが本当に欲しいのは、 blogとかQiitaに書いてある手順をそのままコピペ実行すれば良いという体験 なんだ!chocoなんてほとんど誰も使ってないです。。

でもWindows環境すごい変わってきた

 様々な要因により、Windowsが使いやすくなってきています。

  • Office365やG Suiteの登場: 従来のOfficeが不要になり、クラウド化されることで使いやすくなった。
  • Surfaceの登場: Windows公式の完成度の高いイケてるLaptopの登場。これでWindowsユーザーも増えた
  • GitHubやnpmの買収: Powershellなどのオレオレ志向から一転、Linuxにすり寄り、OSSに注力するようになった。開発者に優しいWindows
  • Google ChromeやFirefoxが動く: Edgeはとりあえず置いておいて、Chromeがサクサク動くからWindowsっていいよね

2020年Windowsはもっと使いやすいOSになるぞ

 前置きが長くなってしまいましたが、2020年個人的なWindowsの注目ポイントは、WSL2VS code(Visual Studio Code)Docker Desktop WSL2 backend です。

1) WSL2が来る!

 一番大きな変化はWSL2です。古き良きコマンドプロンプト、強気のPowershellを経て、WSL(Windows Subsystem for Linux)が登場しました。これにより、ソフトウェア開発者は、Linux(やMac)と同じようにソフトウェア開発できるようになりました。

そしてWSL2は、ざっくりWSLが更に高速になりました (参考)。WSL2は、現在はWindows Insider Previewのみ利用可能ですが、来月(2020年4月)に正式リリースされます 参考

 2020年4月といえば、2020/4/23にUbuntuの時期LTS、Ubuntu 20.04(Focal Fossa)がリリースされます。利用するDistributionは、Ubutu18.04ではなく、これを待って20.04を利用するほうが良さそうです。

WSL2からWidows側のファイルを触るのは遅い

 WSLから、Windows側のファイルにアクセスすることもできます。Windows側のファイルは、/mnt/c/にマウントされています。しかし、Windows側ではファイルの権限がすべて付与された状態の777になるのと、git(statusやステージング)などのファイルアクセスが極端に遅いです。このため、Windows側でアクセスしないようなファイルは、WSL側にファイルを置くほうが良いと思います。

WSLの完全なコントロールは得られない

 WSLはPID 1ではなく、systemdにアクセスできません。 System has not been booted with systemd as init system (PID 1). Can't operate. と言われてしまいます。WSL2はほぼほぼLinuxそのものに近づいていますが、完全なコントロールは得られないようです。

2) VS Codeが使いやすすぎる

 WSL2環境において、WSL2側のファイルは、Windowsとは異なるファイルシステムとなります。このため、本来であればSSHしてからエディタを起動するなどの段階が必要となります。

VS Codeには、このあたりをいい感じにやってくれるPlugin Remote-WSLが用意されています。VS CodeでWSLを起動すると自動でInstallを促される為、セットアップが簡単です。 また、wsl2でwsl2側のファイルを $ code hoge.md のように入力すると、Windows側でVS Codeが立ち上がり、普通にWindows側のファイルを編集しているかのように編集できます。普通に動いてすごく楽です。

VimからVS Codeへ

 エディタは開発効率に直結するため、可能ならば手に馴染むエディタ1つを使い倒したいものです。私は現在、Vimをメインに利用していますが、これを機にVS Codeに完全移行しようと考えています。理由は以下の4つ。

a. JavaScriptを書くのが楽

 仕事は主にJavaScript(TypeScript)を書いているので、これらと親和性の高いVS Codeを利用しない手はありません。

b. 設定が楽

 Vimはカスタマイズしてなんぼで、せっせとvimrcを設定していたのですが、もっとライトに使いたいと思っていました。一方VS Codeは、あらかじめおすすめ設定がされており、基本デフォルトで、適宜Pluginを入れて使うという使い方です。Pluginも、ファイルを開けば勝手にInstallを促されるので本当に楽です。

c. 言語側がVS Codeをサポートする

 JavaScriptに限らず、Flutter(Dart)などもVS Codeをサポートしています。VS Codeが様々な言語の重要なエコシステムとなっており、今後の発展にも期待できます。これは、VS CodeがOSSであることが大きいと思います。

d. SSHしなくなった

 特にインフラにおいて、VimもしくはViの操作を習得することは重要でした。管理するサーバーに接続して設定ファイルを更新する際、viが標準でinstallされているからです。しかし、昨今のサーバレスやSaaS文化において、管理対象の内部を意識しないといけないアーキテクチャが良くないとされています。 SSHした負け と言われているほどです。これによりVi(m)の操作方法を習得する理由が薄れてきました。

3) Docker Desktop WSL2 backendで高速に

 近年のソフトウェア開発では、VMよりも、Docker(等のコンテナ)が主流となっています。これにより、開発環境の構築がよりライトになりました。 Windows環境においても、これまでもDockerを利用することはできました。が、実質Docker on VMとなっており動作が遅かったり、Windows 10 Pro Editionでのみ利用可能だったりと、Docker for Macに比べ圧倒的にイマイチでした。

そんな折、前述のWSL2を使った、Docker Desktop WSL2 backendが登場しました。ざっくりDockerが高速になります。そして、Docker Desktop Community 2.2.2.0から、Windows 10 Home Editionでも利用可能になりました。(2020/3/21現在Edge版のみですが、来月にはStableとなるでしょう。)

DockerがWindowsで当たり前に動くようになり、ソフトウェア開発体験が良くなることは確実です。最アンド高。さよなら今までありがとうVirtual BOX。

まとめ

WindowsでもMacと遜色なくソフトウェア開発が行える時代が来ました。

  • WSL2スゴイ!
  • VSCodeスゴイ!
  • Windows 10 HomeでもDockerできる!